MONTHLY SPECIAL/THEME:ECO

柏木ゆたか

KASSY STYLE

ナチュラル・スタイルの匠
柏木 ゆたかのヘアデザイン

YUTAKA KASHIWAGI

 

 

 

Photographer:甲野 菜穂美

Writer:菊田 純子

Stylist:二宮 ちえ

柏木ゆたか

INTERVIEW WITH MEISTER

KASSY

ナチュラルマイスター
柏木 ゆたか

HOULe

ソフトなうねりが奏でる
お手軽ニュアンスボブ

DESIGN PECIPE

「カットベースに段をあまり入れず、パーマで動きを加えるというのが今回一番のポイント。レイヤーを入れすぎてしまうとスタイリングがかえって難しくなってしまうんですよね。パーマは耳から上の部分は動きが出るようにかけて、耳から下は内巻き程度に。イメージはボブの表面にうねりがのっている感じです。内側の方も動かすと広がりすぎてしまうので要注意」と柏木ゆたか氏。今回はバングを長めに。「顔まわりはストレートに仕上げてシャープ感を出すと、メリハリがつくのでおすすめです」。このヘアスタイル、時間をかけてブローする必要は一切ないそう。「今日も実際、仕上げるまでにほとんど時間がかからなかったし、余計な電力も消費していません(笑)!」

ここがカミワザ!

間引くようなカットテクニック。
表面はあまりすきすぎないこと。

髪表面に動きをつけるとはいえ、表面はあまりすきすぎないこと。内側を間引くようにすいて表面を動かすのがポイントに。

メリハリの効いたカットで
小顔効果も絶大

CUT

あごラインのボブ。バングが長めなので少し前上がりにカットする。内側を間引くようにすき、角をとる程度にレイヤーを入れる。

COLOR