MONTHLY SPECIAL/THEME:kirakira

上原健一

UEHARA STYLE

モード系デザインの奇才
上原 健一のヘアデザイン

KENICHI UEHARA

 

 

Photographer:甲野 菜穂美

Writer:菊田 純子

Stylist:二宮 ちえ

 

ワンピース ¥8,925 つけ衿 ¥9,975 / SLOW

SLOW 03-6427-9602

上原健一

INTERVIEW WITH MEISTER

UEHARA

モードマイスター
上原 健一

Rougy

ゆるやかな丸ラインで作る
クラシカル・マッシュ

DESIGN PECIPE

「今回はクラシカルな感じに仕上げて冬っぽさを出そうかな、と。マッシュバングはリップと鼻の中間くらいの長さのサイドに対して、眉頭が見えるくらいの長さに設定。あえてエッジをどこにも入れずに、ゆるやかなラインで丸みを帯びたシルエットに仕上げました。特に横顔に柔らかい雰囲気を出したかったので、ベースは前上がりのマッシュルームに。軽さと柔らかさを出すために髪の色はナチュラル系の暖色を選びました」と上原健一氏。トライしたことがない人にとっては抵抗のあるマッシュバングだけれど…?「大丈夫、ほとんどの人に似合いますよ。帽子もかぶってみると意外と似合ってくるじゃないですか? それと一緒です。こちらは顔の出る面積や髪質などを計算して作るので、こわがらずに試してみることをオススメします!」

ここがカミワザ!

ゆるやかなライン
丸みを帯びたシルエットづくり

マッシュバングもベースカットも顔の出る面積を考えてラインを決める。長すぎず、短すぎず絶妙なさじ加減でカットしていくことが重要に。

MAKING MOVIE

余計なデザインを省いて
ナチュラルな仕上がりに

CUT

シンプルな前上がりのマッシュルームベース。バングは毛先にカールをつけることを考えて、目と眉毛の間くらいに設定する。

COLOR