MONTHLY SPECIAL/THEME:kirakira

宮村浩気

MIYAMU STYLE

絶大な人気を誇る、キング・オブ・シザー
宮村 浩気のヘアデザイン

HIROKI MIYAMURA

 

Photographer:甲野 菜穂美

Writer:菊田 純子

Stylist:二宮 ちえ

 

ネックレス ¥4,935 / SLOW
SLOW 03-6427-9602

宮村浩気

INTERVIEW WITH MEISTER

MIYAMU

モテ髪マイスター
宮村 浩気

AFLOAT

短めのマッシュバングで
愛されカジュアルを表現

DESIGN PECIPE

「若干マッシュバングを短めに作ことで、女の子の持つキュートさを引き出しました。今までは目ギリギリの長めのラインで攻めたマッシュバングが多かったけれど、今回はそれを少し切り込んだので鮮度も上がったと思います。マッシュバングの法則は、おでこと眉の広さ=バングの深さ、黒目と黒目の外側の長さ=バングの幅。だいたいの人はそのバランスがベストです。覚えておくといいですよ」。ベースはロングのパーマスタイルに。ヘアアイロンで強めのウェーブを作り、ボリューム感を出した。「長めのバングに強めのウェーブでは重すぎるけれど、今回はバングを短めに切ったのでベースはビッグシルエットなウェーブヘアが似合うかなと思って。シルエットは大きいけれどハチ上にレイヤーをいれて浮遊感を出したのでやぼったく見えません」

ここがカミワザ!

顔まわりの両サイドに
長めの毛束を残す

マッシュバングをサイドにつなげつつも、顔まわりの両サイドに少しだけ長めの毛束を残すことで小顔効果を発揮。「このワザ、AKB48も取り入れているので要チェックです」。

MAKING MOVIE

浮遊感が決め手の
愛されビッグシルエット

CUT

ローレイヤーロング。ハチ上部分にレイヤーを入れて浮遊感をつける。マッシュバングを作り、サイドにつなげる。顔まわりの両サイドに少しだけ長めの毛束を残しておくのがポイントに。

COLOR