MONTHLY SPECIAL/THEME:neoperm

土橋勇人

DOBASHI STYLE

ヒット・スタイル・メーカー
土橋 勇人のヘアデザイン

HAYATO DOBASHI

 

 

Photographer:甲野 菜穂美

Writer:松井 亜里沙

Stylist:二宮 ちえ

土橋勇人

INTERVIEW WITH MEISTER

DOBASHI

艶髪マイスター
土橋 勇人

DIFINO

ファッションとリンクした
リッジ感あるランダムパーマ

DESIGN PECIPE

「70’sスタイル、ビビッドカラーなど、ファッションシーンはパワフルな印象。ならば、ヘアは? と考えた時に、カールというより“リズム感”のあるパーマを提案したいと思ったんです。ただ、ウェーブというとナチュラルスタイルをイメージしますが、今年はあくまでも強め。フォワードとリバースをミックスさせた不規則な強パーマで、凛とした雰囲気に仕上げました」とワンランク上のセレブウェーブを提案した土橋勇人氏。バングに関しては、圧倒的にセンターパーツ派!「フルバングは小顔効果があると思われていますが、実は下膨れに見えてしまうのも事実。オデコを出しながら、頬骨に落ちてくる顔周りの毛をアシンメトリーに設定することで、フェイスラインもシャープに見える上、ラフ感も演出できるのでオススメです」

ここがカミワザ!

ドライヤーで強弱が効く
扱いやすいパーマ

日々のコーディネートに合わせて、ドライヤーひとつで顔周りに変化をつけれられる。ナチュラルファッションにはカール感をほどいてゆるくすればOK。

強めパーマとメッシュで
立体感をメイクする!

CUT

フラットなワンレンベースのローレイヤーボブ。Rカットでラインを丸くカットした後、スライドカットで毛量調節をし、オーバルシルエットに仕上げる。

COLOR